「カワニナ」のおかげでホタルが復活!

  • 投稿日:
  • by

田んぼの仕事をしているとき、川に入っているときなど、

巻貝みたいな小さい貝が石にへばりついてたりして結構たくさんいます。

最初はタニシなのかなと思ってましたが、

タニシはうちの方では数が減ってしまってほとんどいないようです。


うちの家族が、かわにら、と呼んでいるこの貝の正体は、

「カワニナ」という、やはり巻貝の一種でした。

川やら田んぼやらどこにでもいるような感じがしますが、

水のきれいなところでないと生息できないようです。


何で田んぼに貝がいるのかと最初は違和感たっぷりでしたが、

小さくて弱っちいので、田んぼの作業のときはこいつを殺さないように、

面倒なんですけど細心の注意を払います。


貝の中身が見えないときは特に、生きてるのか死んでるのかよくわからないんですが。

よく見ると微妙に動いてたりします。


こいつがいてくれるお蔭でホタルが生息できるらしいので、僕は大事にしてやります。

そう、うちの田んぼには毎年ホタルが出るんですよね。

一時期数が減りましたが、最近復活してきました。


まぁホタルはいいとして、恒例のこいつは食べれるのか?コーナーです。

なんと、、生は無理ですが、調理して食べれなくもないようです。

郷土料理として食べる地域もあるそうで。


ほんとに困ったときはホタルとカワニナの取り合いをするかもしれませんね!

おいしくはなさそうですけどね!